各記事にはプロモーションが含まれています。

フリーランス

未経験から今求められるWebデザイナーになるには【主婦・ママが自宅で働く戦略】

Webデザイナーになる方法をプロが詳しく解説【未経験からフリーランス・副業で稼ぐ戦略】
マム

こんにちは!デザイナー歴14年、フリーランス6年目のマムです。現在、小学生を子育てしながら在宅でグラフィックデザインとwebデザインのお仕事をしてます。

この記事では、

自宅で働くWebデザイナーになりたいけど本当に仕事が取れるようになるか不安…

子育て主婦A子

Webデザイナーになりたいけど、どんな仕事かイマイチわかってない;

会社員B子

という、Webデザインの仕事で収入を得たいと考えているWebデザイン未経験の主婦やママに向けて、

  • 未経験からWebデザイナーになる方法
  • Webデザイナーの仕事内容
  • 自宅で稼ぐにあたって「良いスタートを切る」ための戦略

について 詳しく解説していきます。

マム

主婦やママが自宅で働くデメリットの記事もしっかりおさえておいてね!

Webデザイナーについて詳しく知ろう

未経験の主婦やママでもWebデザイナーになれる?

マム

Webデザイン未経験のママ友が勉強して、自宅で仕事をはじめたよ!

Webデザイナーに資格はいりません。

誰でも何歳からでもなれます。

Webデザイナーはパソコンがあればいつでもどこでも働けるので、

主婦やママが自宅で働くにはぴったりな職業です。

とはいえ「Webデザイナーって多すぎない?」とか「今さら遅い?」など不安になりますよね。

でも大丈夫です。

なぜならWebデザイナーの需要は増えているからです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい

今求められるWebデザイナーとは?【Webデザイナーの将来性】

生成AIの登場で「Webデザイナーはいらなくなる?!」という意見も気になるところですが、

いえいえ、AIが登場したからこそ、

対応力のあるWebデザイナーがいま求められています。

ただ単にデザインスキルがあるだけではなくて、

クライアントの悩みに対して解決策をあれこれと考えることができるWebデザイナーです。

「そんなの難しい!><」と思うかもしれませんが、

Webデザイナーは「お客様あっての職業」と考えれば難しいことではありません^^

例えば洋服を買いに行った時のことを思いうかべてください。

「海外旅行の、移動中の飛行機で着るための服」を探しているとします。

欲しいのは「長時間着ていても疲れない、それでいてキレイめの服」です。

それなのに店員さんがすすめてくるものが、

リラックスできるけど見た目ラフすぎる服だったり、またはその逆だったりしたら、

「違ーう!!」ってなりますよね。

ここで店員さんに求めることって、

  • 見た目に反して伸縮性のある素材のこととか、
  • 裁断や縫製によって実は着心地が全然変わることなど、

プロならではの「知識」ですよね。

うわべのセールストークだけでなく、日ごろからデザインや製法にも目を向けて、

勉強している店員さんでなければこの接客はできません。

アパレル店員さんでいうなら、これが「求められる店員さん」というわけです。

Webデザイナーにも全く同じことが言えます。

お客様の要望にこたえるデザインを仕上げるためには、手を動かすスキルにプラスアルファ、

企画や設計、サイト公開後のことまでWeb制作全体を理解していないと適切なご提案はできません。

なんだか早くもくじけてしまいそうですが、

全体を理解するためには全体的にに学べば良いのです。

学び方については後ほど詳しくご説明しますが、

それにはまずWebデザイナーの仕事内容を理解しておく必要があります。

Webデザイナーの仕事内容と、必要なスキルや知識

Webデザイナーの仕事はWebサイト制作が基本です。

Webサイトに使われるロゴやイラストや画像などの「素材」も制作します。

またLP(ランディングページ)という単ページのビジュアルを作る仕事や、

バナー広告もWebデザイナーの仕事です。

Webデザイナーの仕事

  • Webサイト制作(基本の仕事)
  • ロゴ、イラスト、画像などWebサイトの素材制作
  • LP制作
  • バナー広告制作

それぞれに必要なスキルや知識もあわせて解説していきます。

Webサイト制作

Webデザイナーの仕事内容(マムタグ)

WebデザイナーはWebサイトを作ることがメインの仕事ですが、

実はサイトの規模や制作会社によっては、多くの人で手分けして作られることもあります。

上の図はWebサイト制作の大まかな流れと、各工程の「専門職」を表した図です。

Webサイトはクライアントからの情報収集(=ヒアリング)を受けて、

企画・設計

ビジュアルデザイン

コーディング

検証・公開

の流れで制作します。

分業する場合にはWebデザイナー以外に、

  • Webディレクター
  • UI/UXデザイナー
  • エンジニア

などの専門職がいます。

つまり各工程ごとに「専門的な世界」があるということです。

個人で受けた仕事でそこまで深くは要求されませんが、

「専門的な世界の入り口」だけでも知っていることが、クライアントへの「対応力」につながります。

必要なスキルと知識

  • デザインツール操作スキル(Photoshop/Illustrator)
  • デザイン基礎知識(配色、フォント、レイアウトなど)
  • コーディングスキル(HTML/CSS)
  • レスポンシブスキル(スマホサイズ対応)
  • プログラミング基礎知識(JavaScript)
  • コンセプト設計基礎知識(ヒアリングからの企画設計)
  • コンテンツ設計基礎知識(情報整理・サイト設計)
  • UI/UX基礎知識(ユーザー目線の考え方)
  • サイト運営基礎知識(SEOなど)

ロゴ、イラスト、画像などWebサイトの素材制作

Webサイトのパーツ制作もWebデザイナーの仕事

Webサイトはロゴ、イラスト、写真、画像など色々な要素で構成されています。

これらの「素材」ひとつひとつをデザイン制作するのもWebデザイナーの仕事です。

また場合によっては写真撮影をすることもあります。

ここではグラフィックデザインツールであるPhotoshopやIllustratorをメインに使います。

「素材」を制作するだけでもかなりのボリュームですが、

PhotoshopやIllustratorのAI機能もうまく利用すれば効率良く制作することができます。

必要なスキルと知識

  • デザインツール操作スキル(Photoshop/Illustrator)
  • デザイン基礎知識(配色、フォント、レイアウトなど)
  • コンセプト設計基礎知識(ヒアリングからの企画設計)

LP制作

Webデザイナーの仕事内容|LPデザインとは

LPとはランディングページ(Landing Page)の略称で、直訳すると「着地(ページ)」という意味です。

まさに商品を購入させることが目的のページです。

商品を検索していて縦に長〜いページに行き着いて、最後にポチってしまった経験ありますよね^^;

「たった1ページで購入に導くと」いう性質上、「広告(記事広告)」とほぼ同じ考え方です。

なので(売るため)広告手法、つまりマーケティングコピーライティングの知識が必要です。

またレイアウトやボタンの位置などのデザインが売り上げに直結するので、

UI/UX(ユーザー目線のデザイン)への意識がより必要になってきます。

それだけに初心者にはやや難易度が高めですが、勉強すれば無理な壁ではありません。

  • 案件単価が高い
  • 単ページで完結

するので、Webデザインの中でも非常に効率の良い仕事といえます。

LP制作だけを専門にしている制作会社やフリーランサーもいるくらい需要のある仕事です。

必要なスキルと知識

  • デザインツール操作スキル(Photoshop/Illustrator)
  • デザイン基礎知識(配色、フォント、レイアウトなど)
  • コーディングスキル(HTML/CSS)
  • コンセプト設計基礎知識(ヒアリングからの企画設計)
  • UI/UX基礎知識(ユーザー目線の企画/デザイン)
  • 広告の基礎知識(マーケティングやコピーライティング)

バナー広告制作

Webデザイナーの仕事|バナー広告のデザイン

バナー広告とは、インターネット上にある四角い広告欄です。

間違えてさわるとどっかのページに飛ばされてしまうアレです。

バナーとは「フラッグ(旗)」のこと。

よくお店の外に「安売り」などのフラッグが風ではためいていますよね。

それと全く同じで、通りすがりのお客様を呼び込む役割があります。

バナー広告が掲載されている「場所」のことを「媒体」と呼びます。

バナー広告は媒体によってサイズが違います

ですから例えばWebサイトとインスタの2媒体のデザインをする場合、

「Webサイト用のサイズ」と「インスタ用のサイズ」の2パターン作る必要があります。

まずは基本パターンを作ってからサイズを変えてレイアウトするのですが、これを「リサイズ」と呼びます。

Webデザイナーは、この「リサイズ」がサクサクできることも必要です。

必要なスキルと知識

  • デザインツール操作スキル(Photoshop/Illustrator)
  • デザイン基礎知識(配色、フォント、レイアウトなど)
  • リサイズスキル(レイアウトスキル)
  • コンセプト設計基礎知識(ヒアリングからの企画設計)
  • 広告の基礎知識(マーケティングやコピーライティング)

自宅で働くWebデザイナーになる手順

ここからはWebデザイナーになるための具体的な手順を解説していきます。

学習環境を整える【パソコンの準備】

パソコンは、最低限デザインツールのアプリが動けばとりあえずは今お持ちのもので構いません。

デザインツールはAdobe社のPhotoshop(フォトショップ)とillustrator(イラストレーター)です。

両方を同時に立ち上げてもスムーズに動くのが理想です。

推奨システム環境はこちら。

Photoshop

Illustrator

とはいえ、、PCに強くない方はスペックの数字見てもさっぱりわかりませんよね。

実は私もデザイナー歴長いくせにあまり強くありません^^;(でもデザイナーにはなれます)

そんな時は「7日間の無料お試し」をダウンロードして実際にやってみるのも手です。

ただし!

  • 無料お試しは一回のみ
  • 7日過ぎたら自動で有料プランに移行

するので、その点はくれぐれも注意してくださいね!

→Photoshop無料体験

→Illustrator無料体験

もしこれからPCを買うという方は、以下を参考にしてください。

MacとWindowsどちらが良いか

使いやすい方で大丈夫ですが、個人的にはMacをiPhoneやiPadと連携して使うのがおすすめです。

すべてクラウドで連携できるので、写真データの移行など超便利です。

パソコンにうとい方ほどアップル製品で揃えてしまった方がシンプルで手間なしです。

デスクトップとノートPCどちらが良いか

1台目なら場所を選ばないノートPCがおすすめです。

後々「画面が小さくて効率が悪い」となれば、外部ディスプレイにつなげて使うことも可能です。

ちなみにMacbookを買うなら、最低限以下のスペックをクリアしていればAirとProどちらでも大丈夫です。

Macbookの最低限のスペック

  • メモリ:16GB以上
  • ストレージ:512GB以上
  • ディスプレイ:15インチ以上

CPU/GPU(脳みその程度)は現行のMacbookならWebデザインには十分なスペックです。

ストレージはデータやアプリケーションを保管する場所の大きさのことですが、

足りなくなれば後からクラウド契約の容量を増やしたり、外付けハードディスクを利用すれば問題ありません。

デザインツールの準備【Photoshop/Illustrator】

デザインのツールはすでに何度も登場している、

Adobe社の「Photoshop(フォトショップ)」と「illustrator(イラストレーター)」です。

プロの世界ではこの2つが使えることが絶対条件です。

できれば学習をはじめる前に準備して、少しでも多く触っておきたいところです。

お得な買い方は以下の記事をご覧ください。

フォトショ・イラレのお得な買い方

Webデザインの学習方法を決めて学習を始める

Webデザインを学習する方法は

  • 独学
  • Webデザインスクール
  • 職業訓練校

というのが一般論ですが、、

当サイト、独学は推奨しておりません(>人<;)

理由は、私が実際にWebデザイナーの中途採用に関わった経験と、フリーランサーへ外注する際の経験からです。

独学からスタートして活躍されている方も勿論いらっしゃいますが、

兼業・専業の主婦やママは特に学習時間が限られているので、独学ではあまりにも効率が悪すぎます。

たとえ独学でWebデザインの仕事が取れた主婦やママがいたとしても、

そのほとんどは長くは続かないはずです。

そんなに甘くないんです(>人<;)

主婦やママが毎月きちんと収入を得られるWebデザイナーになるためには、

経験豊富なプロから学ぶのが一番の近道です。

Webデザインスクール

短期間で効率よく学ぶならWebデザインスクールがおおすすめです。

Webデザインスクールは転職や副業・フリーランスなどの目的ごとに、

実践に必要なスキルや知識を逆算したカリキュラムが組まれています。

つまりは「全体的(体系的)な学習」が可能です。

またオンラインで自宅で受講できるスクールも多数あるので、

主婦やママのように自由に使える時間が限られている方でもプロの指導が受けられます。

ですが!注意点があります。

スクールで学べることは基礎中の基礎にすぎないということも忘れてはいけません。

これはWebデザイナーに限らず、デザイナーという職業はすべて「職人」と同じで、

経験を積みながら成長してくものなので、半ば仕方のないことなのです。

Webデザインスクールは、これからWeデザイナーとして経験を積み上げていくための、

土台となる「第一層目」を作るイメージです。

たとえ薄くても「第一層目」ができてしまえば、その後は積み上げやすくなります。

関連記事

職業訓練校

一定条件を満たしていればハローワークの職業訓練校という方法もあります。

無料で講座が受けられるのは大きな利点ですが、

通わなくてはならないので学習時間の融通はききません。

ハローワークなので再就職が前提ではありますが、

在宅勤務が可能な会社を探しつつ利用するというのも選択肢の一つとしてあります。

職業訓練校もWebデザインスクールと同じく、学べることは基礎中の基礎にすぎません。

作品ポートフォリオを作る

作品ポートフォリオとは、自分の実績やスキルレベルを提示するための作品集です。

経験・未経験問わず、転職したり案件を獲得したりする際に必ず必要です。

採用や発注者側はポートフォリオを見て「力量」を判断します。

作品のクオリティはもちろん大事ですが、

未経験者はできるだけたくさんの作品がある方が良いです。

ですからWebデザインのスキルが身についてきたら、どんどん自主的に制作するようにします。

ポートフォリオはWebサイトにしてまとめたり、SNSにアップしていくなどの方法があります。

Webデザインスクールによってはポートフォリオ制作の相談ができるサービスもあります。

お仕事案件を獲得する

作品ポートフォリオがある程度まとまってきたらいよいよ案件獲得です。

案件獲得方法についてはこちらの記事初心者のフリーランスWebデザイナーはどうやって仕事をとる?もあわせてご覧ください。

実績のない未経験者にとって、実は最初の案件獲得が一番の難所です。

せっかく頑張って勉強してきたのに、ここで心が折れてしまったら元も子もありません。

案件の獲得に失敗しないための「対策」を次にご説明します。

主婦やママがWebデザイナーとして自宅で稼ぐための戦略

自宅で仕事をはじめるにあたって、

最初の案件獲得でつまずかないようにするための具体的な対策は2つです。

  • 案件紹介のあるWebデザインスクールの利用を検討する
  • 身近な人に無料でデザインをさせてもらって経験を積む

案件紹介のあるWebデザインスクールの利用を検討する

Webデザインスクールでは未経験者に向けに案件紹介をしているところがいくつかあります。

実際のお仕事案件なので、ある程度のレベルまで到達する必要があるなどの条件はもちろんありますが、

最初から自分ひとりで案件獲得をするよりもずっと難易度が下がります。

実際にはクライアントとのお金のやりとりなども発生してきますから、

そういった細かいことも教えてもらえると考えると、初心者にはかなり心強いサービスと言えます。

案件紹介のあるWebデザインスクールおすすめ5選

身近な人に無料でデザインをさせてもらって経験を積む

こちらは学習中の段階から、ある程度スキルが身に付いてきたら継続的にやった方が良いことです。

題して主婦やママならでは「地元作戦」です。

まず自分の身のまわりで「デザインを必要としている人」を探します。

例えばこんな人です。

  • お店や個人事業を営んでいる
  • ピアノや料理、英語教室などを開いている
  • ハンドメイド作品を売っている
  • 自宅でサロンを開いている
  • 子供が通っている保育園や幼稚園の先生   など

この人たちにこちらから「こんなものを作ったらどうか?」と「提案」をしてデザインさせてもらうのです。

どんなもののデザインかというと、、

ロゴ、名刺、Web掲載用のDM・チラシ・ポスター(イベント告知など)、SNS画像、Webサイトなどなど。

「作りたくてもできない、誰かにデザインして欲しい」という人、実は結構いるんです。

もちろん最初は無料です。

SNSでモニター募集するのも手ですが、

最初は見ず知らずの相手よりも実際に会って話せる身近な人がベストです。

理由は、デザイナーとして「より良くしてあげたい」と思う気持ちがデザインを成長させるからです。

それにはクライアントとの密なコミュニケーションが欠かせません。

その点で、慣れないうちは身近な人の方が何かとやりやすいですし、

実はこのやりとりの経験こそが「求められるWebデザイナー」になるために最も必要だからです。

この作戦、、結構次につながる可能性も高いのに知らない人多いんですよ。

実際にママ友も地元作戦で継続的な仕事につながっています。

再現生高いのでぜひ覚えておいてくださいね。

「Webデザイナーは経験しながら成長していくもの」だからこそ少しでも早めのスタートを

もう一度おさらいします。

自宅でちゃんと稼げる「求められるWebデザイナー」になるために大切なポイントは以下です。

  • Web制作の総合的な理解が必要
  • 実践的に学べる「Webデザインスクールでの学習」がおすすめ
  • 案件紹介のあるスクール利用も検討
  • 身近な人に無料でデザイン提供して経験・実績を積む

もしも本当にWebデザイナーになりたいと思っているなら、

少しでも多くの経験を積むために、少しでも早く学習をスタートさせてくださいね。

通勤で忙しい女性や主婦、子育て中のママにおすすめのWebデザインスクールを以下の記事にまとめたので、

ぜひご参考になさってください^^

女性・主婦・ママにおすすめのWebデザインスクール