各記事にはプロモーションが含まれています。

フリーランス

バナー制作で副収入を得る方法を詳しく解説

バナー制作で収入を得る方法

毎月3万円でも5万円でも副収入があったら助かりますよね。

在宅でWebデザインの仕事ができたらいいな〜と考えている主婦やママに向けて、

バナー制作で収入を得るための具体的な方法を解説します!

マム

こんにちは!デザイナー歴14年、フリーランス6年目のマムです。現在、小学生を子育てしながら在宅でグラフィックデザインとwebデザインのお仕事をしてます。

バナーの基本

バナー制作で収入を得る方法

バナーとはインターネット上にある四角い広告欄のことです。

正式には「バナー広告」と呼びます。

スーパーなどのお店の外で見かける「のぼり」もバナー広告で、実はそれがもととなっています。

掲載される場所(=「媒体」と呼びます)ごとにサイズや形も様々です。

バナー制作が主婦やママに最適な4つの理由

バナー制作が主婦やママに最適な4つの理由

バナー制作がWebデザイン未経験の主婦やママに向いている理由は4つあります。

  • Webデザインの中でも覚えなければならないスキルが少ない
  • そのため比較的短期間でスキルが習得できる
  • 需要が高いのでチャンスがたくさんある
  • 短期集中で完了する「手離れ」の良い仕事だから

Webデザイン未経験の方でも、バナーデザインは比較的ハードルが低いのです。

まずは「月1万円」を目標に

Webデザイン初心者は、まずは月1万円を目指そう

フリーランサーが案件を獲得するのによく利用されるクラウドワークスを見てみると、

バナー広告デザインの相場は1件2,000円〜5,000円くらいです。

もし案件が取れたとしても、

  • 初心者のうちは「手が遅い」ので時間がかかる
  • 家事・育児で実働時間があまりとれない

そんな理由から、初心者のうちは一週間に1案件のペースと考えるのが現実的です。

ですから月3〜4本うまく獲得できたとして、

まずは月1万円を目指すのが無理のない目標設定です。

このペースでやってみて月1万円が達成できた時には、

デザインスキルも向上して、自信も付いていますから、

そこから月3万円、5万円到達までにそう時間はかからないはずです。

バナーのデザイン制作に必要な知識とスキル

バナー制作に必要なスキルと知識【バナー制作で収入を得る方法】

上の図はバナー制作に必要な知識とスキルをまとめたチャートです。

一般的にバナー制作に必要なスキルといえば大きく以下2つです。

  • グラフィックアプリケーション(フォトショップやイラストレーター)の操作スキル
  • デザインの基礎知識

HTMLなどコードの知識は必要ありませんが、

広告やマーケティングの基礎知識はあった方が良いです。

難しそうに聞こえますが、そこまで深い専門知識ではなくて、

「誰に向けた、どんな目的のバナー広告なのか」くらいのマーケティング的な視点が持てる程度で良いのです。

マーケティングの視点からデザインを考えられるWebデザイナーはとても重宝されます。

バナー制作で収入を得るための具体的な8ステップ

  • STEP 1:パソコンの準備
  • STEP 2:デザインツールの準備
  • STEP 3:バナー制作の学習
  • STEP 4:実践練習→プロの添削→修正→実践
  • STEP 5:想定バナーデザイン制作
  • STEP 6:ポートフォリオ制作
  • STEP 7:クラウドワークスに登録してコンペに挑戦
  • STEP 8:SNSで発信(モニター募集)、ココナラにお店を出す
  • STEP 9:デザインコミュニティやビジネスコミュニティに参加する

パソコンの準備

バナーのデザイン制作ではパソコンを使います。

よく「スマホでもできますか?」と聞かれますが、仕事にしていくならPCは必須です。

どんなPCを用意したら良いかは、

主婦やママが未経験から自宅で働くWebデザイナーになる方法の記事内、

学習環境を整える【パソコンの準備】をご覧ください。

デザインツールの準備

デザインツールは、Adobeのフォトショップ(Photoshop)やイラストレーター(Illustrator)が使える必要があります。

バナー制作の場合、とりあえずはフォトショップが使えれば仕事はできます。

フォトショップだけの購入ならフォトプラン(月額1,180円)が最安値です。

ですがイラストレータも使えた方が作業効率が劇的にアップしますし、表現の幅も広がります

また名刺やチラシなど印刷物のデザインが可能なので、仕事の幅も広がります

長く収入を得ていくことを考えるなら、ゆくゆくは両方使えるようになるのがベストです。

両方お得に購入する方法は以下の記事をご参照ください。

フォトショ・イラレをお得に買う方法

バナー制作の学習

準備が整ったらいよいよ学習です。

学習方法は以下の3タイプ。

  • 本やネット、YouTubeなどで独学
  • ココナラなどで現役Webデザイナーのメンターを探す
  • Webデザインスクールで学ぶ

フォトショップの使い方だけなら独学でも可能です。

ですが、

  • プロがよく使う機能
  • バナーデザインやWebデザイン業界のトレンド
  • 画像の選び方
  • コピーライティングのコツ
  • 案件の選び方
  • プレゼンテーション方法
  • スケジュールの立て方
  • 見積や請求などお金のこと
  • フリー素材を使う場合の法律的な注意点

などなど、Webデザイン意外のことも網羅的に学ぶなら、

スクールやプロの現役Webデザイナーから学ぶのが一番の近道です。

プロのWebデザイナーに添削してもらう

デザインの上達にはプロにデザインをチェックしてもらう必要がどうしてもあります。

理由は「マーケティングの視点」からデザインをジャッジしてもらう必要があるからです。

「そのバナーのデザインは、広告として機能しているか?」

これが添削の目的です。

ですから添削は、実際に仕事の経験を重ねたプロでなければできないのです。

Webデザインスクールに「添削サービス」が必ずあるのはこのためです。

もし独学を考えているならプロのメンターをつけて必ず添削を受けるようにしてくださいね。

メンターや添削サービスはココナラでも見つけることができます。

想定バナーデザイン制作

バナーの上達には「トレースが良い」とよく言われますがそれとは違います。

ちなみに「トレース」は、

  • アプリケーションの使い方に慣れる
  • プロのデザイン:マージン(空き)、フォントサイズ、色使いなど

これらを知るために初期の段階では有効ですが、

トレースを何度やったとしても「自分だけのデザイン感覚」は身につきません。

また「目的を考えながらバナー広告をデザインする」という観点からするとあまり意味がないので、

トレースばかりに時間をかけすぎないように注意してください。

バナーデザイン上達への近道は先ほどご説明したように、

  • 「目的」を意識して、
  • 色んなジャンルのデザインをいくつも試してみる

これにつきます。

デザインのお題は自分の想定でOKです。

最初は自分が得意なジャンルで構いませんが、

できるだけ幅広く、色々なジャンルのデザインにチャレンジするようにしてください。

お題に困る場合は既存のバナーを「自分だったらこうやる」ということでもOKですし、

STEP 7に飛んでコンペにチャレンジしてみても良いです。

ポートフォリオ制作

ポートフォリオとは、デザイナーとしての実績や実力をクライアントにプレゼンテーションするための作品集です。

体裁は決まっていませんが、一般的な方法は以下です。

  • Webサイト
  • SNSに載せる
  • PDF

Webサイトは初心者には難易度が高いかもしれませんが、

Canvaなら初心者でも簡単に作ることができるのでおすすめです。

分からなかったらYouTubeで検索すれば作り方がいくつも載っています。

SNSは必須ではありませんが、SNS経由で仕事が成り立っている方もいるので利用しない手はありません。

PDFは、A4サイズで数ページ程度にまとめます。

実はこれが一番使い勝手が良いのでPDFは必ず用意するようにしましょう。

クラウドワークスに登録してコンペに挑戦

いよいよクラウドワークスに登録です。

クラウドワークスにはコンペ案件というものがあり、デザインが採用された場合にのみ報酬が発生します。

これなら初心者でも気兼ねなく挑戦できますよね!

デザインの練習にもピッタリのシステムなので、ぜひ積極的に活用するようにしてください。

SNSで発信(モニター募集)、ココナラにお店を出す

ある程度デザインスキルも身についてきたところで「集客」します。

先ほどポートフォリオとして登場したインスタグラムも同じ役割です。

とはいえ必須ではなく、方法としてSNSやココナラの利用も「アリ」ということです。

「集客」は、ご自身の性格や状況に合った方法で大丈夫です。

「集客」や案件獲得に不安のある方は、案件紹介のあるWebデザインスクールを検討してみるのも良いかもしれません。

案件紹介のあるWebデザインスクール

デザインコミュニティやビジネスコミュニティに参加する

こちらも「集客」の一環です。

コミュニティ内で案件が獲得できたりすることはよくある話です。

また自宅で一人で仕事をしていると、どうしても最新情報に疎くなるので情報収集の目的でもあります。

さらに主婦やママの場合、孤独との戦いになることがしばしばあります。(ハイ必ず…)

心が折れそうな時、同じ境遇の人たちとのつながりほどありがたいものはありません。

バナー制作を習得してWebデザインでの在宅ワークを実現しよう!

バナーデザインは覚えることが少ないので「独学ではじめたい」と考える方も多いですが、

人気が高い分、

  • おさえるべきデザインのポイント
  • コピーライティングやメインビジュアルの選び方(広告の観点)
  • お客様とのやりとりや納品の方法

など、仕事となった場合には細かいノウハウが必要なので、

できればプロから一気に学んでしまうのが効率的です。

マムが厳選した、時間のないママでもバナーデザインが短期間で学べるスクールを以下に載せておくので、

ぜひ参考にしてみてください^^

マムタグ マムがおすすめするバナーザインを短期間で学べるWebデザインスクール

ママのための1ヶ月「Fammデザイナースクール」

オンラインデザインスクール【Fullme】

主婦やママにおすすめのWebデザインスクール