各記事にはプロモーションが含まれています。

フリーランス

【フリーランスWebデザイナーの1日】仕事と子育て両立の秘訣を公開

フリーランスWebデザイナー主婦の1日を公開!仕事と子育て両立の秘訣

フリーランスWebデザイナーとして、自宅で仕事と子育てを両立している主婦(マム)のタイムスケジュールを大公開。

フリーランスWebデザイナーの強みは、なんと言っても子供の成長にあわせて働き方を変えられるところ。

在宅でWebデザインの仕事をしたい!

と考えている主婦やママたちのご参考になれば幸いです^^

マム

こんにちは!デザイナー歴14年、フリーランス6年目のマムです。現在、小学生を子育てしながら在宅でグラフィックデザインとwebデザインのお仕事をしてます。

フリーランスWebデザイナーママのタイムスケジュール

子供が小学生現在のタイムスケジュールです。

6:30 起床、朝食準備
7:00 家族起床
  朝食、子供の朝勉を見る
8:00 子供登校、出勤
  家事(掃除、洗濯)
8:30 コーヒー飲みながら、
•ネットニュースの見出しチェック
•今日のタスク確認
•メール、チャット返信
9:00 デザイン作業(3時間)
12:00 音声コンテンツを聴きながら昼食準備
ついでに、
•夕食仕込み(半調理)
•作り置きおかず作り1〜2品(2〜3日に一回)
12:40 昼食休憩しながら、
• SNSチェック
13:00 デザイン作業(2時間)
15:00前後 子供学校から帰宅
16:00 子供を習いごとへ送迎
•送迎する日:待ち時間に買い物
•送迎しない日:見積りなど事務作業(1時間)
17:30 習い事から帰宅、夕食準備
18:30 夕食
19:00 片付けしながら子供の宿題を見る(約30分)
19:30 お風呂
20:00 子供の横で家事(子供自由時間)
•洗濯物をたたんでしまう
•夫の夕食準備
21:00 子供就寝
21:30 帰宅、夕食
•明日の準備などしながら一日の報告会
22:00 デザイン作業(2時間)
0:00 就寝

だいたいいつもこんな感じです。

デザイン作業の時間が合計約7時間としっかりめながら、

子供の勉強や習い事の送迎の時間、コミュニケーションをとる時間もきちんと取れています。

(子供がまだ小さいうちは、仕事時間の合計は3〜4時間くらいでした。)

仕事と子育てをうまく両立するポイントは全部で6つです。

仕事と子育てを両立させるための6つのポイント

フリーランスWebデザイナー主婦の1日のタイムスケジュール

ポイント1:「ながら作業」で時間を有効活用

休憩や家事は、何かをしながらの「ながら作業」が基本です。

朝のコーヒータイムや昼食の時間もフル活用します。

読書の時間はめったに取れないので、何か学びたいことなどのインプットには、

音声メディアVoicyや、

Amazonの本が音声で聴けるオーディブル(Audible)が便利です。

ポイント2:夕食準備は昼に済ませる

その日の夕食準備は、「あとは焼くだけ・揚げるだけ」の状態まで、

自分の昼食を作る時に一緒にやってしまいます。

マム

作り置き惣菜もこの時に作るよ!

というのも、午前中の作業が一番集中してはかどる分、昼にはものすごく頭が疲れてしまうんです^^;

なので昼休憩では一旦仕事を忘れてガッツリ調理をして完全に切り替えることで頭を休めています。

そうすると午後はリフレッシュしてまたモリモリ仕事ができますし、

体力的に疲れてきた夕方に、夕食準備でバタつくことも無くなるので一石二鳥なのです。

ポイント3:朝活か夜活どちらか得意な方で頑張る

できる主婦=朝活というイメージがありますが、、(ありますよね??)

私は断然夜派です。。

どちらか得意な方で良いのですが、

在宅ワークママになるなら必ずどちらか一方は頑張る必要が出てきます。

これが現実^^;

他にも現実的にフリーランスママが大変な面が知りたい方は、
子育て中の主婦が未経験からフリーランスWebデザイナーを目指す前に知っておきたいこと
の記事をごらんください^^

ポイント4:「この時だけは子供と向き合う」という「絶対時間」を確保

子供が小学生にもなってくると親なしでも過ごせるようになりますが、

まだ小さいうちはそうも行きません。

とは言え全部子供にあわせていたら仕事は進みません ><

そんな時は、ここだけはゆずれない!というしっかり子供と向き合う「絶対時間」を確保します。

我が家の場合は「寝る時」です。

小さいうちは寝かしつけるので当然と言えば当然ですが、小学生になった今も続けています。

寝っ転がりながら雑談していると、子供が心の内を話しやすいみたいなのです。

ご家庭によってはお風呂だったり食事だったりお買い物だったり、

親子の関係にあわせた「絶対時間」を見つけられれば良いと思います^^

ポイント5:しっかり習慣化すればワンオペで全然イケる

「仕事と子育ての両立にはパートナーの協力が必須」という考えはウソですから安心してください。

実際夫の仕事はとても忙しく、我が家もほぼワンオペ状態ですが全然イケます。

秘訣はとにかく「習慣化」することです。

徐々にカスタマイズして自分の動きやすいルーティンを作り、

アレコレ考えずにただただ時間通りに動く

たったそれだけです^^

ポイント6:家族全員の健康に留意する【最重要】

耳タコの決まり文句ですが、実はこれが一番重要です。

家族・自分とも健康を維持することが、

仕事と子育てと家事を、長きに渡ってうまくまわしていくための一番の秘訣です。

詰めツメのルーティンを毎日続けるには、実はそれなりの体力がいります。

また仕事が忙しいからと、買ってきた食事ばかりが続けば家族からの不満も積もりますし、

塩分や脂肪分の摂り過ぎで健康状態も悪くなります。

それぞれのご家庭にあった方法で家族を健康に保つことは、

ママが在宅ワークを続けていく上で最も重要なことなのです。

兄弟姉妹がいる場合、在宅でWebデザインの仕事は難しい?

兄弟姉妹がいる場合、在宅でWebデザインの仕事は難しい?

我が家はひとりっ子なので1日に7時間、安定的に仕事時間がとれますが、

2人、3人兄弟姉妹がいるとなれば、仕事の時間はもっと削られますよね。

そうなると在宅でWebデザインなんて無理なんじゃない?!と思われそうですが、

実はそうではなくて、Webデザインこそが兄弟姉妹のいる子育てママの在宅ワークに最適なのです。

その理由は以下で詳しくご説明します。

子供の年齢によって仕事内容を選べば良い

Webデザインの仕事は多種多様ですから、

3時間しか働ける時間がなければ3時間でできる仕事をすれば良いのです。

実際私も子供が保育園に上がる前は1日3〜4時間しか時間がとれなかったので、

その範囲でできる仕事を選んでしていました。

ですから「自分の事情にあわせた仕事」を選べば、

兄弟姉妹がたくさんいるママでもWebデザインの在宅ワークは可能です。

そこがWebデザインがママに向いている最大の理由なのです。

具体的にどんな仕事があるのか詳しく知りたい方は、
Webデザイナーの仕事内容と、必要なスキルや知識をご参考になさってください

一度に色々学ばずに、その時できる仕事内容に絞って学習をすれば良い

Webデザインの仕事は多種多様、、ということで、

じゃあ子供に手がかからなくなる未来に備えて、

多種多様なWebデザインを一気に学んでしまおう!

と思ったらそれは大変なことです。

「今できそうな仕事内容は何か?」を考えて、まずはそこに絞って学べば良いのです。

例えば短時間で制作できる「バナーデザイン」はママに向いてる仕事の代表ですが、

バナーに絞って学べば学習時間も短くてすみますし、

実際の仕事をすればスキルもどんどん上がってきます

その上で、次のステップに進みたいタイミングが来たら次の勉強をすれば良いのです。

むしろその方が次の学習効率はグッと上がりますし、

ゼロからよりも断然ラクに習得できるはずです。

バナー制作で収入を得る方法を見てみる

フリーランスWebデザイナーは子供の成長に合わせた働き方ができる

フリーランスWebデザイナーは子供の成長に合わせた働き方ができる

突然ですが実は我が家、、これから受験体勢に入ります。

中学受験は親子の二人三脚が不可欠です。

そんなことが可能なのもフリーランスという働き方と、

Webデザインというお仕事のおかげなのです。

そして我が子の乳児期を振り返ってみても、

「よく寝て手のかからないお手本のような子」

とは真逆のタイプでしたが(汗)、

それでもずっとお仕事を続けることができたのは、Webデザイナーだったからなのです。

もし少しでも在宅でWebデザインの仕事をしてみたいと思っているのでしたら、ぜひこちらの記事

主婦やママが未経験から自宅で働くWebデザイナーになる方法

もご覧になってみてくださいね^^